外国為替とは

手形や小切手によって貸し借りを決済する方法の事を為替といい、遠隔地間で、お金を支払ったり受け取ったりする為に使用します。
日本では、為替の役割は銀行や郵便局の口座振込や払込となっています。
また、最近では、外国為替の事を略して為替と言う様になってきています。
この事から外国為替とは外国と日本間で手形や小切手によって貸し借りを決済する方法を指しています。
そして、現代では、手形や小切手を送付しないで銀行や郵便局から送金できるようになっており、この時に通貨の交換が必要となります。
通貨の交換は、為替相場に従って変換するので為替相場によっては、変換金が多くなったり、少なくなったりします。
この相場の変動を利用して通貨の売買を行なう事を外国為替取引と言います。

外国為替取引の事を英語ではForeign Exchangeとなり、略してForexと言っており、さらにForexを略してFXとも言っています。
本来の外国為替は、手形や小切手を外国との間で受け取ったり、送ったりする事なのですが、FXでは、手形や小切手は必要なく、為替売買を取り扱っている、証券会社やFX業者を仲介して売買を行なう事ができます。

為替の売買を簡単に説明すると、ドルが値上がりすると予想すればドルを買い、値上がりした時点でドルを売れば利益を得る事ができ、逆に予想に反して、ドルが値下がりすると損をする事になります。
例えば1ドルが100円の時にドルを買い、110円に値上がりした時に売れば、10円の儲けとなり、逆に値下がりして90円の時にドルを売った場合は10円の損となります。
外国為替相場は、様々な要因で変動するので、FXをする場合は、日本や世界の経済状態や、政治状態から外国為替相場が、どのように変動するか、予想する知識が必要がとなります。
また、外国為替取引には、銀行の外貨預金や証券会社の外貨MMFは代表的な取引方法ですが、他にも外国為替証拠金(保証金)取引等の取引方法があるので、FXを始める場合は、相場の予想方法や、FXに関した知識を身につける事が大事となります。
カードローン審査にお悩みの方に朗報の新サイトがオープンしています。

注目度がUPしている外国為替関連のハナシは、深く知るならココを一度覗いて下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2014外国為替取引の仕組と運用のコツ.All rights reserved.